free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

 


辞譲じじょうこころれいたんなり


ー辞譲之心、礼之端也ー   孟子 公孫丑章句上6
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ。)

 

{原文}

惻隱之心、仁之端也。
羞惡之心、義之端也。
辞譲之心、禮之端也。
是非之心、智之端也。
惻隱・羞惡・辭讓・是非、情也。仁・義・禮・智、性也。
心、統性情者也。端、緒也。
因其情之發、而性之本然可得而見。
猶有物在中、而緒見於外也。

{書き下し文}

惻隱そくいんの心は、じんたんなり。
羞惡しゅうおの心は、たんなり。
辞譲じじょうの心は、れいたんなり。
是非ぜひの心は、たんなり。

惻隱そくいん羞惡しゅうお辭讓じじょう是非ぜひじょうなり。じんれいしょうなり。
心は性情をぶる者なり。たんいとぐちなり。
なさけはつするにりて、さが本然ほんぜんし。
猶物なおもりてなかり、いとぐちそとあらわるるがごときなり。

 

 

{意解}

孟子(孟軻もうかの根本思想「性善説」にある
四端したんとく」の一つである。

一、 惻隠そくいんの心 あわれみの心)愛という心情に結びつき「他人を愛する」という「博愛はくあい精神せいしん」である。
一、 羞悪しゅうおの心  人ははじを知って初めて自らの行いのあり方を問う。
一、 辞譲じじょうの心  自らが一歩退しりぞいて人にゆずろうとする心。
一、 是非ぜひの心  良い、悪いを正しく見分けることのできる心。  

人の手足のように、 人には生まれながらにして
惻隠そくいんの心
羞悪しゅうおの心
辞譲じじょうの心
是非ぜひの心
の 四つの心が備わっており
そこから じんれい が芽生めばえるのだという。

一、 惻隠の心は仁の端なり
一、 羞悪の心は義の端なり
一、 辞譲の心は礼の端なり
一、 是非の心は智の端なり  

人に生まれながらに備わる「四端」を昇華しょうかできれば
人はだれでも尊敬に値する人物になれるのだという。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

 

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ライター・編集者の募集 ☆月30万円稼ぐことも可能!

アフィリエイトフレンズ

最近の投稿

アクセス解析