free web hit counter

 

Blog

Pocket

 



よわい五十にして四十九年のを知る

ー年五十而知四十九年非ー   淮南子 原道訓
(淮南子|えなんじ|二十一巻。前漢の淮南王劉安が幕下の学者に命じて、
おのおのの専門について講論させて作った書。)

 

{原文}

凡人中壽七十歳、然而趨舍指湊、
日以月悔也、以至於死。
故蘧伯玉年五十而知四十九年非。

 

{書き下し文}

およひと中寿ちゅうじゅ七十歳しちじっさいしかしこうして趨舎すうしゃ指湊しそう
よりしてもっつきとなればくやみ、もっいたる。
ゆえきょはくぎょくよわいじゅうにして、四十九年しじゅうくねんる。

籧伯玉きょはくぎょく:衛の大夫。


{意解} 

およそ人の寿命たるや七十歳、人は日々に言行動静げんこうどうせいありて、
やがてそのいるも、死に至りし頃なるが関の山である。

五十歳になってはじめて、 これまでの人生である四十九年間のあやまちをさとる。
  

人生を振り返り反省してみると、後悔こうかいだらけである。
何歳になっても自己をあらためれば向上していくことができる。  

 孔子が「君子なるかな籧伯玉きょはくぎょく」と
たたえるほどの人物の言葉である。  

その理由に 「有道ゆうどう(正しい道にかなっている)の時代には官にあって活躍したが、
道が失われたと判断するや、 身を引いて才智さいちをみせない」 と語っている。
また、孔子のもとに訪れた籧伯玉きょはくぎょくの使者に
近況を問う答えに 「主人は過ちを少なくしようとつとめておりますが
まだその甲斐がなさそうです」と 伝えている。
籧伯玉という人物の 常日頃つねひごろからの修養しゅうようぶりがうかがえる。
蘧伯玉がこのとした四十九年にりてのちつつしんで歩んだがゆえに、
六十にして六十化す」と称されるにまで至ったのであろう。 

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。


 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,025人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析