磨礪は当に百錬の金の如くすべし、急就は邃養にあらず|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第二章

 

磨礪まれいまさ百錬ひゃくれんきんごとくすべし、急就きゅうしゅう邃養すいようにあらず

ー磨礪当如百錬之金、急就者非邃養ー     菜根譚
(菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている)

{原文}
磨蠣当如百煉之金、
急就者非邃養。

施為宜似千鈞之弩、
軽発者無宏功。

{書き下し文}
磨蠣まれいまさ百煉ひゃくれんきんごとくすべし、
急就きゅうしゅう邃養すいようあらず。
施為しいよろしく千鈞せんきんごとく、
軽発けいはつ宏功こうこう無し。

{意解}
自分自身を磨き上げるには、
繰り返して練り鍛える金属のようにすべきで、

簡単(インスタント)に行う修養であってはいけない。
起業する場合は、 強靭きょうじんな弓を放つ時のように慎重にすべきで、
軽薄けいはくな起業では成功はしない。

つまり、 何事にも成果を出すには、
慎重しんちょう且つ堅実けんじつに行えということである。

わかりやすい例は技術の習得であろう。
若い弟子のほうは素人目にもそれとわかる未熟さが見えるが、
師匠、先生と呼ばれている人物の仕事ぶりは、
その手順といい動きといい、迷いがなく、寸分のムダもなかった。
さすがに年季の入った職人はちがうと、改めて感じさせられる。  

ましてや技術ではなく、「人間」を鍛えるとなれば、
格段の難しさがあるに違いない。
十年、二十年どころか、おそらく一生の仕事になるだろう。
しかし、それをやった人間とやらなかった人間の違いは、
おのずから風格に現れてくる。
顔ひとつとってみても、それをやった人間は「いい顔」になってくるし、
やらなかった人間は「ふやけた顔」になってしまう。

人の体は正直なものであると、恐ろしくも感じる。
鏡を見て自分を確認し・・・戒めることも必要だろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください