free web hit counter

 

Blog

Pocket


益者三友えきしゃさんゆう損者三友そんしゃさんゆう

 

ー益者三友、損者三友ー  論語 季子第十六 4
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ)

 

原文:
孔子曰、益者三友、損者三友
友直、友諒、友多聞、益矣。
友便辟、友善柔、友便佞、損矣。

 

書き下し文:
孔子曰く、益者三友えきしゃさんゆう損者三友そんしゃさんゆう
ちょくを友とし、りょうを友とし、多聞たもんを友とするはえきなり。
便辟べんぺきを友とし、善柔ぜんじゅうを友とし、便佞べんねいを友とするはそんなり。
 

ちょく:まっすぐな人
りょう誠実せいじつな人
多聞たもん: 正しい教えを多く聞き、それを心にとどめることのできる人
便辟べんぺき:人にこびてごきげんをとる人
善柔ぜんじゅう:表面は柔和で、内心は誠意のない人
便佞べんねい:口先は巧みだが、心に誠実さのない人
 


 

意解:
孔子は、付き合ってためになる友人(益者三友)、
付き合ってためにならない友人(損者三友)があるとして、語っている。
「為になる友人とは、実直じっちょくな人、誠実せいじつな人、良識りょうしきのある人。
為にならない友人とは、びる人、人当たりばかりよい人、
口先はだけうまい人」だという。

良い友人に恵まれるのは自分の人生にいての喜びの一篇である。
その人物を知ろうとする時には、付き合っている友人を見れば判ると
語る人もいるぐらいなので、
友を選ぶには慎重しんちょうしたほうが良いのかもしれない。

人の本質を見抜くのはそう簡単なことではない。
人には育った環境や受けた経験など今に至る人生があるので、
ある程度時間をかけて評価することが必要だろう。

組織(会社)も全く同じだろう。
しかし、損を承知でお付き合いすることも、
又、人生勉強の一篇とも、思われる。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析