Blog

Pocket

第七章


 

ひと小過しょうかめず、ひと陰私いんしあばかず、ひと旧悪きゅうあくおもわず

 

ー不責人小過、不発人陰私、不念人旧悪ー  菜根譚 前集106項

【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

 

原文:
不責人小過、
不発人陰私、
不念人旧悪。

三者可以養徳、
亦可以遠害。

 

書き下し文:
ひと小過しょうかめず、
ひと陰私いんしあばかず、
ひと旧悪きゅうあくおもわず。
三者さんしゃは、もっとくやしなうべく、
またもっがいとおざかるべし。
 


 

意解:
人間には思いやりが必要である。
これがないと、人間関係はうまくいかない。
では、思いやりとは何か。
「菜根譚」のこの指摘が参考になるかもしれない。

ひと小過しょうかめず
小さな過失は咎めないということだ。
そんなことにいちいち目くじらを立てていては、
人は集まってこない。

ひと陰私いんしあばかず
隠し事は発かないということ。
誰にも人に触れては欲しくないことがある。
気づいても、
そっとしておいてやるということだ。

ひと旧悪きゅうあくおもわず
古傷は忘れてやるということだ。
そんなことを執念深くほじくり出したのでは、
たちまち人間関係は破綻する。

「菜根譚」は他人に対してこの三つのことを心がければ、
自分の人格を高めるだけでなく、人のうらみを買うこともない。と言っている。
努々ゆめゆめ忘るるなかれ」心に留めておきたいですね。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 78,346 アクセス

最近の投稿

アクセス解析