下に臨むに簡を以ってし、衆を御するに寬を以ってす|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第八章

 

しものぞむにかんってし、しゅうぎょするにかんってす

ー臨下以簡、御衆以寬ー  書経 虞書 大禹謨
【書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった】

原文:
皐陶曰、帝德罔愆。
臨下以簡、御衆以寬。
罰弗及嗣、賞延于世。
宥過無大、刑故無小。
罪疑惟輕、功疑惟重。
與其殺不辜、寧失不經。

書き下し文:
皐陶こうよう曰く、帝の德あやまつことくらし。
下にのぞむにかんもってし、衆をぎょすにかんもってす。
罰はに及ぼさず、賞は世におよぼす。
あやまてるをなだめて大いなりとすること無く、を刑するに小しきなること無し。
罪の疑わしきはこれを軽くし、功の疑わしきはこれを重くす。
その不辜ふこころさんよりは、むしろ不経ふけいしつせよ。

意解:
「書経 虞書 大禹謨たいうぼ」政治の要諦ようていについて語った言葉である。
かん」とは、簡略である。煩雑はんざつの反対だ。
お役所仕事というのは、とかく煩雑な手続きを強要しがちである。
それはやめるべきだと言っている。手続きに加えて、
規制や禁令の事柄が増えてくると、どうしても民間の活力が衰えてしまう。
そうではなくて、もっと、「判り易い政治」を
心がけなさいということを言っている。

かん」とは、寛容、寛大である。
国民に対しては、すべからく寛容の精神で臨みなさいというもの。
そうでないと国民の支持を期待できないぞと、言っている。
現に苛酷な政治を行って墓穴を掘った例は枚挙まいきょにいとまがない。

以上のことは、一般の組織管理にも、そのまま通用するであろう。
簡と寬、この二つののことをリーダーは肝に銘じておくべきであろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください