意なく、必なく、固なく、我なし|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第二章

なく、ひつなく、なく、なし

ー毋意、毋必、毋固、毋我ー   論語 子罕篇 第九
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

{原文}
毋意、毋必、毋固、毋我。

  {書き下し文}
なく、ひつなく、なく、なし。

{意解}
孔子の人格を明快に語った言葉だといわれる。
人生の恵まれない逆境の中で 絶えず自分を鍛え、
磨いてきた孔子の 努力の象徴である。  

 この一文は決して孔子を「他山の石」として学ぶだけではなく、
他人を顧みない自分本位の心情しんじょういましめたものでもある。  

往々おうおうにして私たちは、 自分の利益や名声・立場を守ろうとして、

自分中心の考えにこだわり、 自分の考えを他人に押し付けたり、
それに基づき他人の考えや行動をめたりしがちである。  

 そこには信頼関係も生まれてはこない。

 少し、ほんの少しの柔軟な心で観直みなおせば
手際てぎわの悪い人」も、「慎重しんちょうな人」に
「おせっかいな人」も、「面倒見めんどうみがいい人」に
不平不満ふへいふまんが多い人」も、「批判力ひはんりょくに富む人」に
頑固がんこ強情ごうじょうな人」も、「意志いしの強い、根性こんじょうのある人」 と
見方を変えることができる。

毋意、毋必、毋固、毋我 

どれをとっても容易に身につくものではないが、
この”柔軟じゅうなんな心”でれるように努力すれば、
自然に心にゆとりが生まれ、
自分自身を高めていくことができるのではないだろうか。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

人生は楽しむためにある。楽しみなくして、なんの人生ぞや!

 

 

About ナオン

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
This entry was posted in 自己を高める and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.