大学 伝七章

第二章 自己を高める

心ここにあらざれば、視れども見えず|大学 伝七章|心の作用

第二章 心ここにあらざれば、視みれども見みえず ー心不在焉、視而不見、ー  大学 伝七章 【大学:一巻。もと「礼記」中の一篇であったが、宋代以降、 単行本として独立し、朱熹がこれを四書の一としたことから、 特に広く読まれるようになった】 原...
スポンサーリンク