陰徳ある者は必ず陽報あり

第四章 着実に生きる

陰徳ある者は必ず陽報あり|淮南子 巻十八 人間訓|人知れず徳を積む者、 善行をしている者には必ず名誉が与えられると云う。

第四章 陰徳いんとくある者は必ず陽報ようほうあり ー有陰徳者必有陽報ー    淮南子 巻十八 人間訓 (淮南子|えなんじ|二十一巻。前漢の淮南王劉安が幕下の学者に命じて、 おのおのの専門について講論させて作った書。) {原文} 聖王布德施惠...
スポンサーリンク