不義而富且貴、於我如浮雲

第一章 大きく生きる

不義にして富み且つ貴きは、我に於いて浮雲の如し|論語|楽しみは見出せ

第一章 不義ふぎにして富とみ且かつ貴たつときは、我われに於おいて浮雲ふうんの如ごとし ー不義而富且貴、於我如浮雲ー   論語 述而 (論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。 儒家の聖典とされている。四書の一つ。) {原文} ...
スポンサーリンク