君子之交淡若水

第七章 人と接するための心得

利を以って合する者は、窮禍患害に迫られて相棄つ|中国古典 名言に学ぶ

第七章 利りを以もって合がつする者ものは、窮禍患害きゅうかかんがいに迫せまられて相棄あいすつ ー以利合者、迫窮禍患害相棄也ー  莊子 外篇 山木第二十 【荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。荘周の撰。外・内・雑編...
スポンサーリンク