幸福なるかな、義のために責められたる者。天國はその人のものなり

第二章 自己を高める

感慨して身を殺すは易く、従容として義に就くは難し|近思録|義人道

第二章 感慨かんがいして身みを殺ころすは易やすく、従容しょうようとして義ぎに就つくは難かたし ー感慨殺身者易、従容就義者難ー   近思録 (近思録:十四巻。宋の朱熹・呂祖謙の共著。宋の学者、周廉渓・程明道・ 程伊川の著書や語録の中から六百二...
スポンサーリンク