Tag Archives: 後生可畏

後生畏るべし|中国古典 名言に学ぶ

第二章 後生畏こうせいおそるべし ー後生可畏ー   論語 子罕 第九 23 {論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。 儒家の聖典とされている。四書の一つ。} {原文} 子曰、 後生可畏。 焉知來者之不如今也。 四十五十而無聞焉、 斯亦不足畏也已矣。 {書き下し文} 子曰く、 後生畏こうせいおそるべし。 焉いずくんぞ来者らいしゃの今いまに如しかざるを知しらんや。 四し十じゅう五ご十じゅうにして聞きこゆること無なくんば、 斯これ亦また畏おそるるに足たらざるのみ。 {意解} 若者の持つ、 将来性、可能性を述べたものだ。三日会わずば刮目かつもくして見よ。 人というのは思わぬきっかけで奮起努力ふんきどりょくし、短期間で見違えるように変わる事がある。 人の進歩は、 はかることができない 「後生畏こうせいおそるべし」若いからといって見くびってはいけない、彼等の将来がわれわれの現在に及ばないと誰がいい得よう。という戒いましめでもある。 孔子は続けて 四十五十而無聞焉、 斯亦不足畏也已矣。 「四十五十にして聞こゆること無くんば、 斯それ亦また畏おそるるに足たらざるのみ」 (現在では五十六十位)と。 「聞こゆる」は、社会人として、ちゃんとした役割を果たしている の意味。 「無ければ」そのときは、畏おそるるに足たらずである。 人は何歳になっても自分を変える事ができる。若者に負けず、 若かりし頃の直向ひたむきさ、 バイタリティを思い出し 努力を惜おしまず、生きたいものである。 古文真宝に「謂うこと勿れ、今日学ばずして来日ありと」とある。「今日やらなくても明日があるさ」という 怠おこたりの心を戒いましめた言葉である。学ぶことに遅すぎるという事はない。「勉強」は学生時代だけの専売特許ではない。仕事に、雑事にかまけていたのでは、いつまでたっても、とりかかれない。思い立ったが吉日である。ゆっくりでもいい、 階段を上り続けることが必要だろう。階下も観えてくるはずだ。 参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、 自分なりに追記や解釈して掲載しています。 私たちは、日々、何をするにしても 大なり小なり、決断(選択)をしている その折々に思い出し、 より善い選択(決断)ができるように 貴方も私も 在りたいですね。

Posted in 自己を高める | Tagged , , , , , | 3 Comments