Tag Archives: 戦国策 中山策

怨みは深浅を期せず、それ心を傷うに於いてす|中国古典 名言に学ぶ

第七章 怨うらみは深浅しんせんを期きせず、其それ心こころを傷そこなうに於おいてす ー怨不期深浅、其於傷心ー  戦国策 中山策 【戦国策:三十三篇。周の元王から秦の始皇帝までの戦国時代の謀臣、策士 らの活躍を各国別に編んだもの。前漢の劉向の編】 原文: 與不期衆少、其於當厄。 怨不期深淺、其於傷心。 吾以一杯羊羹亡國、 以一壺飡得士二人。 書き下し文: 與あたうるは衆少しゅしょうを期きせず、其それ厄やくに當あたるに於おいてす。 怨うらみは深浅しんせんを期きせず、其それ心こころを傷そこなうに於おいてす。 吾われ一杯いつはいの羊羹ようこうを以もって国くにを亡ほろぼし、 一壺いつこの飡くを以もって士し二人を得えたり。 意解: 些細ささいな怨うらみでも、相手の心を傷つければ、手ひどい報むくいを受ける、の意味。 こちらに其の気がなくても、たった一言で相手を傷つけ、 生涯の敵をつくってしまうこともある。 戦国時代に中山ちゅうざんという小さな国があった。この国の王様があるとき、 国中の名士を招いて酒宴を催もよおした。 その席に、司馬子期しばしきという人物も招かれていたが、 たまたま羊のスープが足りなくなり、彼のところまで回ってこなかった。 怒った司馬子期は、楚その国に逃亡し、楚王をけしかけて中山を攻撃させた。 楚は大国であり、攻撃を受ければ、小国の中山など、ひとたまりもない。 中山の王(中山君)は国を捨てて他国に逃げ出す、其の道中に從う者二人に、 なぜ、逃げ出す私に從うのかと問うと、答えて、 「父がかつて貧乏で飢えで苦しんでいる時、 あなたに壺飡こさん(壺に入った食物)を頂いて助けていただいた。 その父が死ぬ時に、『中山君に事あらば、必ず行って助力せよ』と。 中山君は深くため息をつき、 「人に物を施ほどこすのは多い少ないかではなく、 その人が困っている時に行うことである。 人の怨うらみを買うのは怨みが深いか浅いかではなく、 その人の心を傷つけたかどうかである。 吾われ、一杯のスープで国を亡うしない、一壺いっこの食物で二人の士を得た(心施しんせ)」と。 こういった人間関係の機微きびは、現代でも同じであろう。 書経 夏書 五子之歌に「怨み豈に明らかなるに在らんや、見えざるをこれ図れ」とある。訓おしえとして、人とは仲良くすべきで、けっして見下してはいけない。人は皆自分よりも勝るところを持ち合わせている。相手に対しては敬意けいいをはらい、尊重そんちょうする心を持って接するべきである。たえず自分の行動を自問自答し、不満や不信感に繋がりそうな要素を取り除いておくべきで、災いを未然に防ぐ(事先予防)ためには、そういう心構えが必要だと言っている。 *参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、 自分なりに追記や解釈して掲載しています。 私たちは、日々、何をするにしても 大なり小なり、決断(選択)をしている その折々に思い出し、 より善い選択(決断)ができるように 貴方も私も 在りたいですね。

Posted in 人と接するための心得 | Tagged , , , , | Leave a comment