Tag Archives: 書経 大禹謨

満は損を招き、謙は益を受く|中国古典 名言に学ぶ

第七章 満まんは損そんを招まねき、謙けんは益えきを受うく ー満招損、謙受益ー  書経 大禹謨 【書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、 殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、 宋代になって「書経」と呼ばれるようになった】 原文: 満招損、 謙受益、 時乃天道。 書き下し文: 満まんは損そんを招まねき、 謙けんは益えきを受うく、 時これ乃すなわち天てんの道みちなり。 意解: 慢心まんしんする者は損そんをし、謙虚けんきょな人物は益えきを受ける、これが天てんの道理どうりである。 「満まん」は、慢心まんしん。「謙けん」は、謙虚けんきょである。自分の地位・力を頼んで、相手をねじ伏ふせる態度、自分の能力に増長ぞうちょうして人を見下みくだすような態度、上から目線で、物事を教えてやるといった態度、すべてこれ「満まん」にほかならない。こういった尊大そんだいな性格の人は周囲の反発を受け、避さけられてしまう。且かつ、自分自身、今以上の進歩・向上は望めない。 其その点「謙けん」は、こちらが謙虚けんきょな態度に出れば、かえって他の人に慕したわれ、周囲の支持も集めることができる。これが天の道理どうりである。特に、力のある者、上司や、能力のある人物が謙虚な態度に徹すれば、其のメリットは最大限に生かされるであろう。 易経 艮下坤上 地山謙にも「人道は盈を悪みて謙を好む」とある。「盈えい」のもとの意味は「満つる」で、満ち足りた状態、上りつめた状態をいう。ここでの「盈えい」は更にそれから派生して驕慢きょうまんとか傲慢ごうまんという意味で使われている。「謙けん」は、謙虚けんきょ、謙遜けんそんといった意味。したがってこの言葉は、「驕慢きょうまんを憎んで謙虚けんきょを好むのが人の道だ」となる。 *参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、 自分なりに追記や解釈して掲載しています。 私たちは、日々、何をするにしても 大なり小なり、決断(選択)をしている その折々に思い出し、 より善い選択(決断)ができるように 貴方も私も 在りたいですね。

Posted in 人と接するための心得 | Tagged , , , , | Leave a comment