虚心、無心

第二章 自己を高める

坐忘|荘子|虚心、無心という境地

第二章 坐忘ざぼう ー坐忘ー   荘子 (荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。 荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、 後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう。)  仏教用語と...
スポンサーリンク