貧賎の交り忘るべからず

第三章 社会を考える

糟糠の妻は堂より下さず|後漢書 宗弘伝|人としての在り方、誠実さを例えた言葉、「妻の功労あっての今の自分がある」戒めの諺

第三章 糟糠そうこうの妻つまは堂どうより下くださず ー糟糠之妻不下堂ー   後漢書 宗弘伝 (後漢書:百二十巻。本紀十巻、列伝八十巻は、南北朝時代、 南朝宋の氾嘩の撰で、志三十巻は晋の司馬彪の続漢書から取っている。) {原文} 貧賎之交不可...
スポンサーリンク