中庸 第十四章

第六章 成功の心得

険を行って以って幸を徼む|中庸 第十四章|日常の己の行動を振り返り、自省することも必要だと云っている。

第六章 険けんを行おこなって以もって幸こうを徼もとむ ー行険以徼幸ー    中庸 第十四章 (中庸:もと「礼記」中の一篇であったが、後に四書の一つに数えられた。 孔子の孫の子思の撰と伝えられている。) {原文} 在上位不陵下、 在下位不援上...
スポンサーリンク