処朋友、務相下則得益、相上則損

第七章 人と接するための心得

朋友に処するに、務めて相下れば則ち益を得、相上げば則ち損ず|中国古典 名言に学ぶ

第七章 朋友ほうゆうに処しょするに、務つとめて相下あいくだれば則すなわち益えきを得え、 相上あいしのげば則すなわち損そんず ー処朋友、務相下則得益、相上則損ー  伝習録 修養 【伝習録:三巻。明の王陽明の語録を、門人らが編集したもの。 陽明...
スポンサーリンク