国を治むるの道は寛猛中を得るに在り

第三章 社会を考える

国を治むるの道は寛猛中を得るに在り|宋名臣言行録 呂蒙正|寛ならず、猛ならず、この中庸あたりの兼ね合いが難しい

第三章 国を治おさむるの道は寛猛中かんもうちゅうを得うるに在あり ー治国之道在乎寛猛得中ー   宋名臣言行録 呂蒙正(宋史紀事本末卷十七) (宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は...
スポンサーリンク