熱鬧の中に一冷眼を着くれば、便ち許多の苦心思を省く

第四章 着実に生きる

熱鬧の中に一冷眼を着くれば、便ち許多の苦心思を省く|菜根譚|忙中閑有あり、冷静な判断力を養うためにも心にゆとりを持つ

第四章 熱鬧ねっとうの中に一冷眼いちれいがんを着つくれば、便すなわち許多きょたの苦心思くしんしを省はぶく ー熱鬧中着一冷眼、便省許多苦心思ー  菜根譚 後集第五十八項 (菜根譚:明の洪自誠の編。前集222項、人と交わり、事治、 変に対応する...
スポンサーリンク