発言は慎重に

第四章 着実に生きる

吉人の辞は寡く、躁人の辞は多し|易経 繋辞下伝 |発言は慎重に期すべきで、よく喋るのは、百害あって一利なしのようである

第四章 吉人きつじんの辞じは寡すくなく、躁人そうじんの辞じは多おおし ー吉人之辞寡、躁人之辞多ー  易経 繋辞下伝 第十二章 (易経:「易」または「周易」ともいう。五経の一つ。卜筮(ぼくぜい)の法によって、倫理道徳を説いたもの。上下の「経」...
スポンサーリンク