自分を磨く

第二章 自己を高める

他山の石、以って玉を攻くべし|詩経|人の振り見て我が振り直せ

第二章 他山たざんの石いし、以もって玉たまを攻みがくべし ー他山之石、可以攻玉ー   詩経 小雅 鶴鳴 (詩経:中国最古の詩集。周初から春秋時代中ごろまでの詩を集めている。 現存するものは三百五篇。五経の一つで、初めは単に「詩」といったが、...
スポンサーリンク