Tag Archives: 見小利則大事不成

小利を見れば、則ち大事成らず|中国古典 名言に学ぶ

第六章 小利しょうりを見れば、則すなわち大事成だいじならず ー見小利則大事不成ー    論語 子路第十三 (論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。 儒家の聖典とされている。四書の一つ。) {原文} 子夏爲莒父宰。 問政。 子曰。無欲速。 無見小利。 欲速則不達。 見小利則大事不成。 {書き下し分} 子夏しか、莒父きょほの宰さいと為なり、 政まつりごとを問とう。 子曰しいわく、速すみやかならんと欲ほっすること無なかれ。 小利しょうりを見ること無なかれ。 速すみやかならんと欲ほっせば、則すなわち達たつせず。 小利しょうりを見れば、則すなわち大事成だいじならず。 {意解} 孔子の弟子の子夏しかが莒父きょほという町の長官に任命された時、 政治の取り組み方について孔子に助言を求めた。 孔子は次のように答えている。 「速すみやかなることを欲ほっするなかれ。小利しょうりを見るなかれ。 速すみやかならんと欲ほっすれば、則すなわち達たっせず。 小利しょうりを見れば、則すなわち大事成だいじならず。」 訳せば、 「あせらないこと、そして小利に惑わされぬことだ。焦あせると失敗するし、 小利に惑わされると大きな仕事をやり遂とげることができない」と。 この助言は、政治だけでなく、どんな仕事についてもあてはまる。 短期ではなく長期的な目標をたて、それに向かって着実に一歩ずつ前進する。 そうすれば、焦ることもなく、小利に惑わされることもないだろう。凡庸ぼんような助言だが、的をはずさないのが孔子である。 列子 湯問編に「愚公、山を移す」とある。この「愚公、山を移す」の寓話が言わんとするところは、 1.長期的な視野 2.ユックリズム の二つである。愚公のように、長期的な展望の上に立って、焦らず、慌てず、着実な前進を心がけることが、結局は成功の近道なのかもしれない。 *凡庸ぼんよう:平凡なこと *参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、 自分なりに追記や解釈して掲載しています。 私たちは、日々、何をするにしても 大なり小なり、決断(選択)をしている その折々に思い出し、 より善い選択(決断)ができるように 貴方も私も 在りたいですね。

Posted in 成功の心得 | Tagged , , , , | Leave a comment