Tag Archives: 論語 衛霊公第十五の二十四

己の欲せざる所は人に施すなかれ|中国古典 名言に学ぶ

第一章 己おのれの欲ほつせざる所ところは、人ひとに施ほどこすなかれ ー己所不欲、勿施於人ー   論語 衛霊公第十五の二十四 (論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。 儒家の聖典とされている。四書の一つ。) {原文} 子貢問曰、 有一言而可以終身行之者乎、 子曰、其恕乎、 己所不欲、勿施於人也。 {書き下し文} 子貢しこう問うて曰わく、 一言にして以もって終身しゅうしんこれを行うべき者ありや。 子曰わく、其それ恕じょか。 己おのれの欲ほつせざる所ところ、人に施ほどこすこと勿なかれ。 {意解} 「恕じょ」ということばは 孔子の信条であったらしい。   孔子は弟子の子貢しこうから 「この一言なら生涯守るべき信条とするに足るー そうゆう言葉はありましょうか」 という問いに 「それ恕じょか。己おのれの欲ほつせざる所ところは人ひとに施ほどこすなかれ」 自分が人からされたくないことは、 自分の方からも人にしない。それが「恕」である。 他人の心を以もって自分の心とすること、言うは易いが、実行するのはすこぶる難しく、 ことばとして弟子に言える孔子はさすがです。 自分の信条はなんだろう!? 「貴方の信条は何ですか」 !! 論語  雍也に「己立たんと欲して人を立て、己達せんと欲して人を達す」とある。「自分の名誉を大切に思うなら、 まず他人の名誉を重んずる。自分が自由でありたければ、 まず他人の自由を重んずる」 と訳せる。孔子が一番重要視したのが「仁じん」である。 しかし、「仁」を「論語」のなかで、 明確に定義しておらず、相手や、質問に応じて様々な言い方をしている。これもその一つである。「仁」とは 人間にとって最も普遍的ふへんてきで包括的、ほうかつてき根源的こんげんてきな愛を意味するもの として考えられてきた。 (他人に対する親愛の情、優しさ) それは社会人としての基本条件と言える。儒学を大成した孔子は 君子は仁者でなければならないと説いている。 *参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、 自分なりに追記や解釈して掲載しています。 私たちは、日々、何をするにしても 大なり小なり、決断(選択)をしている その折々に思い出し、 より善い選択(決断)ができるように 貴方も私も 在りたいですね。

Posted in 大きく生きる | Tagged , , , , | Leave a comment