大道は多岐なるを以って羊を亡う|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第一章

大道だいどう多岐たきなるをってやううしな

ー大道以多岐亡羊ー   列子 説符
{列子:八巻。戦国初期の鄭のひと列御冠の撰とされているが、
偽作説もあり。別名「沖虚真経」}

{原文}

大道以多岐亡羊
學者以多方喪生。

{書き下し文}

大道だいどう多岐たきなるをってやううしな
学者がくしゃ多方たほうってせいうしなう。

 

{意解}
「大きな道には分かれ道が多い。
だから逃げた羊の姿を見失ってしまう、
学問の道が多方面に分かれているので
真理を求めるのが難しい」
という意味になる。

脇道が多く、知らないうちに迷い込み
目標の道を忘れてしまう。
多岐亡羊たきぼうよう」「亡羊ぼうようたん」と略される。

私たちには大きな目標が必要に思う、
目先の目的、目標が達成されると達成感、満足感で
ついつい脇道の甘い香りの誘惑に乗りやすいもの。

三十代にはこれを目標に、
四十代にはこれ、
五十代にはこれ、
六十代にはこれを目標に
何年も同じ目標に取り組めば
なんとか出来るもの!

振り返ったときに
後悔の少ない人生と
思えるように生きたいものですね。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 大きく生きる タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください