free web hit counter

 

Blog

Pocket

 



そのひかりやわらげ、そのちりおなじうす

ー和其光、同其塵ー   老子 道経 無源第四
(老子:二巻八十一章。道家の祖。老耽の撰と伝えられるが、
老耽が実在したか否かは明らかではない。
人為、虚飾を去って、無為自然であるべきことを説いている。別名「道徳経」)

 

{原文}

挫其鋭、解其紛、
和其光、同其塵。

 

{書き下し文}

えいくじき、ふんき、
そのひかりやわらげ、そのちりおなじうす。

 

{意解}  

知恵の鋭さを和らげ、知恵の飾りを解き、
知恵の光を和らげ、俗世と同化させる。

老子の「和光同塵わこうどうじん」である。
ひかり」とは、才能、知識といった意味であり、
ちり」とは、私達が暮らす世俗のことである。
「才能を包み込んで俗世と同調する」 という意味になる。  

万物の根源に「たう」(真理の道)の存在を認め、
この「道」より万物が生み出されてくる と「老子」は考えた。  
「道」はそれ程偉大な働きをしながらも、 私たちに存在を感じさせず、
いつも静かにたたずんでいるのだと語る。

 和光同塵わこうどうじん」という言葉は そういう「たう」のあり方を説明している。  

要は、人間、自分の才能をひけらかしたり、
「おれが、俺が」と出しゃばるような生き方をせず
」のこういう偉大な徳を身につけることができれば  
どんな時代でも、生き抜いていくことができると いている。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析