free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第三章

 

いをものかねくがごと

 

ー善待問者如撞鐘ー   礼記
(礼記:四十四篇。周末秦漢時代の礼に関する理論及び実際を記録編集したもの。
前漢の戴聖によって伝えられた。「小戴礼」又は「戴記」といわれる。五経の一つ)

 

{原文} 
善待問者如撞鐘、
叩之以小者則小鳴、
叩之以大者則大鳴。
待其従容、然後尽其声。
不善答問者反此。        

 

{書き下し文}
いをものかねくがごとく、
これをたたくに小をもってする者は小鳴ささなきし、
これをたたくに大をもってする者は大鳴おおなるす。
その従容しょうようを待ちて、しかる後にその声をくす。
といこたうるに不善ふぜんなる者はこれにはんす。
 


 

{意解}
「善く問を待つ者」とは立派な教師という意味。
よく質問に対応してくれる人(教育者)は、 かねくようなものである。
小さくたたけば小さく鳴るし、大きく叩けば大きく鳴る。
教えをうものが、くだらない質問をすれば、
つまらない答えしか返ってこない。
細部に関する質問には必要な回答をしてくれるし、
本質についての質問には本質を答えてくれるものだ。

 教育というものは、教育者が一方的に教えるだけではない。
教わる者が積極的に参加してこそ、教育は成り立たつ。

 結局、教えを受ける側の能力・意識の問題なのである。 もちろん、
鐘である教師自体が「鳴らない鐘」であれば、全く意味がないのだが。  

 礼記では教師と生徒の関係を表しているが、
別に教育に限った話ではない。
人間関係すべてに当てはまることだと思われる。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 61,646 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,743人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools