free web hit counter

 

Blog

Pocket

 



一を聞いてって十を知る

ー聞一以知十ー   論語 三巻 公冶長第五
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
子謂子貢曰 
「汝與回也孰愈」 
對曰 
「賜也何敢望回 
回也聞一以知十 
賜也聞一以知二」 
子曰
「弗如也 吾與汝弗如也」

 

{書き下し文}
子、子貢しこういていわく、

なんじかいいずれかまされる」
こたえていわく、
や、なんあえかいのぞまん。
回や、一を聞いて十を知る、
賜や、一を聞いて以て二を知るのみ。」 
子曰く、
弗如也しかざるなりわれなんじ弗如也しかざるなり。」

 

 

{意解}
孔子の愛弟子に、顔回がんかい子貢しこうという二人の人物がいた。
あるとき孔子が、この子貢に語りかけた
「お前と顔回では、どちらが優れているかな」と尋ねた。
子貢が、「どうして、回(顔回)と比べることができるでしょう。
回は、一を聞いて十を知ることができますが、
私はようやく二を知る程度です」 と答えると、
孔子が言った。 「そう及ばないね、私もお前同様(回には)及ばないよ」と。  

恥ずかしながら、一を聞いて半分しか知り得ない自分だが、

己を知って「二を知る」くらいまでの賢明さを
身に付ける努力をしたいものですね。

★子貢は表現力においては時に孔子をも上回る才能を見せ、
たびたび「子貢は孔子を超えている」と言われた。
孔子の没後、その弟子たちは孔子の墓の近くで三年間服喪したが、
子貢はさらに三年間、合わせて六年もの間、ふくしたと伝わっている。
孔子への、心からの敬意けいいによるものであったのだろう。

★『論語』には顔回への賛辞さんじがいくつか見られる。
たとえば孔子が「顔回ほど学を好む者を聞いたことがない」 と
述べたことが記載きさいされている。

顔回は孔子から後継者こうけいしゃとして見なされていた。

 それだけに、 世に出ることを好まず、
小さな町で窮死きゅうしした時の孔子の落胆らくたんはげしく、
孔子は「ああ、てんわれをほろぼせり」とまで言わしめている。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。


 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

最近の投稿

アクセス解析