国士無双|中国古典 名言に学ぶ

国士無双

国士無双

第三章


国士無双こくしむそう

ー国士無双ー    史記
(史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史です。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記しています)

{意解}
「国士」は国の中で傑出した人、国を背負って立つような大人物のこと。
「無双」とは二人といない、並ぶものがないこと。
漢の高祖、劉邦りゅうほうに仕えた韓信かんしんという将軍を評した言葉である。

国士無双

国士無双




 韓 信 
中国秦末から前漢初期にかけての武将。
劉邦の元で数々の戦いに勝利し、劉邦の覇権を決定付けた。
張良ちょうりょう蕭何しょうかと共に漢の三傑の一人。

韓信かんしん国士無双|史記)の故事がある

韓信は高祖劉邦りゅうほうに仕えた将軍だが、若い頃は定職にもつかずにぶらぶらしていた。そんなある日、ふだんから韓信をバカにしていた与太者よたもの因縁いんねんをつけてきた。「おい、でかい図体に剣をぶらさげやがって、格好だけは一人前だが、肝っ玉のほうはからきしだろう」
人だかりがしてくると、与太者は図に乗り、「おい、度胸があるならおれを刺してみろ。
それがこわけりゃ、またをくぐれ」と挑発ちょうはつする。しかし、韓信は黙って与太者の股をくぐったという。韓信の能力をもってすれば、そんな与太者の二人や三人、とりおさえるのはわけもなかったにちがいない。だが、こんな小事しょうじにかかわってもつまらない、大事だいじの前の小事しょうじと思い直し、あえて股をくぐったという。

史記 准陰候列伝に「敗軍の将は以て勇を言うべからず」に韓信の「井陘せいけいの戦い」を記載している。

菅子に「天下を争う者は必ず先ず人を争う」とあり、人はどんなに優れた能力に恵まれても、一人で出来る事には限界がある。大事を成そうと思えば、どうしても、周りの人々の理解と協力が必要となる。「人を争う」の一文には、優秀な人材の獲得、人心の獲得の意味がある。現代社会に於いても然りだろう。

 「国士無双」ということばは、
今では麻雀の役として残っている。

  

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 社会を考える タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください