国士無双|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第三章

 


国士無双こくしむそう

ー国士無双ー    史記
(史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史です。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記しています)

{意解}
「国士」は国の中で傑出した人、国を背負って立つような大人物のこと。
「無双」とは二人といない、並ぶものがないこと。
漢の高祖、劉邦りゅうほうに仕えた韓信かんしんという将軍を評した言葉である。

韓 信 
中国秦末から前漢初期にかけての武将。
劉邦の元で数々の戦いに勝利し、劉邦の覇権を決定付けた。
張良ちょうりょう蕭何しょうかと共に漢の三傑の一人。
 「国士無双」ということばも、
今では麻雀の役として残っているだけである。   

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 社会を考える タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください