糟糠の妻は堂より下さず|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第三章


糟糠そうこうつまどうよりくださず

ー糟糠之妻不下堂ー   後漢書 宗弘伝
(後漢書:百二十巻。本紀十巻、列伝八十巻は、南北朝時代、
南朝宋の氾嘩の撰で、志三十巻は晋の司馬彪の続漢書から取っている。)

{原文}
貧賎之交不可忘、
糟糠之妻不下堂。          

{書き下し文}
貧賎ひんせんまじわり忘るべからず、
糟糠そうこうつまどうよりくださず。

 

糟糠の妻は堂より下さず

#糟糠の妻は堂より下さず

{意解}  
貧賤ひんせんな身のときに知った友を忘れてはならず、
貧乏のときから辛苦しんくを共にしてきた妻は、
成功を収めて富貴ふうきの地位に至ったとしても
大切にするべきであるということ。


人としての在り方、清らかさ、誠実さを例えた言葉である。

(糟糠は、酒かすと米ぬかのことで粗末な食物の喩え)    

 後漢の光武帝に、未亡人の姉・湖陽公主がいた。
この姉は宗弘という重臣に想いを寄せる。
姉思いの光武帝は、ある日宗弘を呼んで、やんわりと打診した。
「下世話にも、富みては交わりをえ、
たっとくしては妻をうというそうだが、どう思うかね」
宗弘、答えて 

「貧賤な身のときに知った友を忘れてはならず、粗末なものを食べて
苦労を共にした妻を正妻の座から下ろしてはならない」
とのことでございます」と。

 宗弘の意向を確かめた光武帝は、
姉・湖陽公主に因果いんがを含めてあきらめさせたという。


当時としては、特に高い位に就けば、

妻や妾をたくさん持っているのが普通であったが、
皇帝の姉ともなると、当然、妾では失礼なので、
正室にしなければならなくなる。

そうなると今まで連れ添ってきた、 妻を側室にするか
離縁するかしなければならなくなる。
それで、妻想い(?)の宋弘は、
妻の為にこの縁談を断ったのであろう。


妻の功労あっての今の自分がある」  と言う、
そんな戒めのことわざでもある。  

もっとも、今は自分から出て行く女性も増えたように思えるが。  

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 社会を考える タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください