徳に順う者は昌え、徳に逆う者は亡ぶ|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第三章

とくしたがものさかえ、とくさからものほろ

ー順徳者昌、逆徳者亡ー  漢書 高帝紀上
【漢書:百二十巻。前漢の歴史を記録した正史。
後漢の班彪と、その子班固、班昭の撰】

原文:
順徳者昌、
逆徳者亡。

書き下し文:
とくしたがものさかえ、
とくさからものほろぶ。

意解:
かん劉邦りゅうほう項羽こうう覇権はけんに挑戦し、洛陽らくようのあたりまで軍を進めたときのことである。
そのあたりの董公とうこうと呼ばれる長老が面会を求め、この言葉を引いて、
大義名分を明らかにし道義の上でも優位に立つことを進言したといわれる。
「徳」はこの場合、道義どうぎあるいは道理と理解すると、わかりやすい。

董公はこのとき「臣聞く」と言ってこの言葉を引用している。
それを見ると、この言葉もまたことわざのように流布るふしていたのかもしれない。
それは社会の実態であったと云うよりは、人々の願いのようなものであったろう。

現代がそうであるように、いつの時代でも良からぬ輩が幅をきかし、
悪が栄えているように見える。まっとうに生きている者は、それを見て、
このようなことばを心の中でつぶやきながら、自分を納得させてきたに違いない。
しかしそれは長い眼でみると、たんなる願望ではなく、
歴史的な事実でもある。

道義どうぎ:人のふみ行うべき道徳上の筋道

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

人生は楽しむためにある。楽しみなくして、なんの人生ぞや!

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 社会を考える タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください