道は邇きに在り、而るにこれを遠きに求む|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第三章

 

みちちかきにり、しかるにこれをとおきにもと

 

ー道在邇、而求諸遠ー  孟子 離婁上 十一
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ。)

 

(原文)
道在爾而求諸遠。
事在易而求諸難。
人人親其親、
長其長而天下平。

 

(書き下し文) 
みちちかきにり、しかるにこれをとおきにもとむ。
ことやすきにり、しかるにこれかたきにもとむ。
人人めいめいおやおやとし、
ちょうちょうとして、しかるに天下平てんかたいらかなり。
 


 

{意解}
人の道は、近くにあるのに、かえってこれを遠くに求めてしまう。
簡単な事であっても、かえってこれを難しく考えてしまう。
 人ひとり一人が自分の両親を大切にし 目上の人や先祖を尊敬するうやまえば、
自ずと天下は治まる。

人の道は、身近な日常生活のうちにある。 それを忘れて、
人はややもすれば わざわざ高遠のところに道を求めようとする。

親を親愛し、年長者を尊敬すること それが人の道である。
 
 孟子、その道徳観は 四端説したんせつと呼ばれるもので
辞譲の心は礼の端なり 言葉の散歩道55}で紹介したが
人に生まれながらに備わる「四端」を昇華できれば 、
人はだれでも尊敬に値する人物になれるのだという。
 
 つねに親を大切にし、年長者や先祖をつねに敬う。
また自分も、子に大切にされる親になる努力を怠らず 、
他人に敬われるような年長者になるべく力を尽くす。
 
 孟子が説くように 自分の心の中にある「四端」を自覚して
まず、自分自身から 「人の道」をしっかりと自覚して
歩きたいものである。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 社会を考える タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください