天下に忌諱多くして、民いよいよ貧し|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第三章


天下てんか忌諱ききおおくして、たみいよいよまず

ー天下多忌諱、而民彌貧ー   老子 第五十七章
(老子:二巻八十一章。道家の祖。老耽の撰と伝えられるが、
老耽が実在したか否かは明らかではない。
人為、虚飾を去って、無為自然であるべきことを説いている。別名「道徳経」)

{原文}
天下多忌諱、
而民彌貧。 

民多利器、
國家滋昏。

{書き下し文}  
天下てんか忌諱ききおおくして、
民いよいよまずし。
民に利器多くして、
國家ますますくらし。

忌諱きき:嫌って避けること。禁令。

{意解}
世の中に禁令が多くなると、人民はいよいよ貧しくなる。
人民の間に文明の利器が多く使われるようになると、
国家はいよいよ混乱する。

 紀元前の中国の時代から、
「これしちゃいけない、あれしちゃいけない」 と

禁令だらけでは、新たなものに挑戦しようという意欲が失われ、
それが国家の痛手だと言われていたんですね。

アメリカの社会には、この挑戦のエネルギーが みなぎっていて、

寄らば大樹の陰的な考えは軽蔑けいべつされている。

 優秀な人間は起業して、新たな雇用と
将来の事業の先鞭せんべんをつける 役割をになっている。

 日本社会に、グローバルに優秀な人材が集まらないのは、
規制が多すぎて挑戦する面白みをいでいるからかもしれない。
生活が便利になれば、国は豊かになりそうですが、
利器に振り回されて、 本来のものを失ってくるという警告です。

 情報通信の進歩で、株の暴落や為替変動が一日足らずで世界をめぐり、
世界経済が不安定になってくるという現象です。
多量の情報が容易に得やすくなった分、 その情報に踊らされることも多くなる。 

また、自動車の台数が増え、道路は渋滞し、

ガソリンの消費も増え、地球環境を汚染する。

 たまには、利器を置いて、人間にとって本来的に必要なもの
無為自然:心のうちの自然なままの純白さ)を
問い直すこともあって欲しいと老子は言っているのかも。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 社会を考える タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください