益者三友、損者三友|中国古典 名言に学ぶ

益者三友、損者三友

益者三友、損者三友

 

                第七章
       

益者三友えきしゃさんゆう損者三友そんしゃさんゆう

ー益者三友、損者三友ー  論語 季子第十六 4
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ)

原文:
孔子曰、益者三友、損者三友
友直、友諒、友多聞、益矣。
友便辟、友善柔、友便佞、損矣。

書き下し文:
孔子曰く、益者三友えきしゃさんゆう損者三友そんしゃさんゆう
ちょくを友とし、りょうを友とし、多聞たもんを友とするはえきなり。
便辟べんぺきを友とし、善柔ぜんじゅうを友とし、便佞べんねいを友とするはそんなり。

私たちは、日々、何をするにしても大なり小なり、決断(選択)をしている。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように貴方も私も 在りたいですね。

 

益者三友、損者三友

益者三友、損者三友

意解:
孔子は、付き合ってためになる友人(益者三友)、付き合ってためにならない友人(損者三友)があるとして、語っている。「為になる友人とは、実直じっちょくな人、誠実せいじつな人、良識りょうしきのある人。
為にならない友人とは、びる人、人当たりばかりよい人、口先だけはうまい人」だという。

良い友人に恵まれるのは自分の人生にいての喜びの一篇である。その人物を知ろうとする時には、付き合っている友人を見れば判ると語る人もいるぐらいなので、友を選ぶには慎重しんちょうしたほうが良いのかもしれない。

人の本質を見抜くのはそう簡単なことではない。人には育った環境や受けた経験など今に至る人生があるので、ある程度時間をかけて評価することが必要だろう。

組織(会社)も全く同じだろう。しかし、損得勘定抜きでお付き合いすることも、人生勉強のひとつとも言えるかもしれない。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても大なり小なり、決断(選択)をしている。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように貴方も私も 在りたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました