上善は水の如し|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第一章


上善じょうぜんみずごと

ー上善如水ー      老子 第八章
(老子:二巻八十一章。道家の祖。老耽の撰と伝えられるが、
老耽が実在したか否かは明らかではない。人為、虚飾を去って、
無為自然であるべきことを説いている。別名「道徳経」)

{原文}
上善如水
水善利万物而不爭。

処衆人所惡、故幾於道。
居善地、心善淵、與善仁、
言善信、政善治、事善能、動善時。
夫唯不爭、故無尤。

{書き下し文}
上善じょうぜんみずごとし。
みず万物ばんぶつしくしかしてあらそわず。

衆人しゅうじんにくむところにかたづきて、みちいてちかし。
おりて、心善こころよひろめ、ひとしみをあたえ、
しんい、おさめをまつり、ことかない、ときうごけ。
唯争ただあらそわず、ゆえとがし。

{意解}
最も理想的な生き方は水のようなもの、
水はあらゆるものにメリットを与え、他のものとは争わない。
人々の嫌うところを処理してくれ、「道」に近いものである。
一番善いところに住み、心を善く広く持ち、善い慈しみを与え、
善い言葉を語り、善い政治を行い、善い結果を出し、最も善い時に動くもの。
およそ争わないので恨まれることもないのである。

「上善」とは、最も理想的な生き方。
そういう生き方をしたいと願うなら、
水のあり方に学べというのである。

水には、学ぶに足る特徴が三つある。

第一に、きわめて柔軟であることだ。四角な器に入れれば四角な形になるし、
丸い
器に入れれば丸い形になる。器なりに形を変えて、少しも逆らわない。

第二に、低いところに身を置くのは誰でもいやがることだが、
水は、人の嫌がる低い所、
低い所へと流れていく。
つまり、すこぶる謙虚である。自分の能力や地位を誇示しようと
しない。

第三に、ものすごいエネルギーを秘めている。急流ともなれば、
硬い岩石をも打ち砕い
てしまう。

このように、水は柔軟、謙虚、秘めたるエネルギーの三つの特徴を持っている。
人間もそれを身につけることができれば、
理想の生き方に近づけるのだという。

備考:
老子
老子(ろうし)は、古代中国の哲学者であり、道教創案の中心人物。
「老子」の呼び名は「偉大な人物」を意味する尊称と考えられている。
書物『老子』(またの名を『老子道徳経』)を書いたとされるが
その履歴については不明な部分が多く、実在が疑問視されたり、
生きた時代について激しい議論が行われたりする。
道教のほとんどの宗派にて老子は神格(en)として崇拝され、
三清の一人である太上老君の神名を持つ。

中国の言い伝えによると、老子は紀元前6世紀の人物とされる。
歴史家の評は様々で、彼は神話上の人物とする意見、
複数の歴史上の人物を統合させたという説、
在命時期を紀元前4世紀とし、
戦国時代の諸子百家と時期を同じくするという考えなど多様にある。

老子は中国文化の中心を為す人物のひとりで、
貴族から平民まで彼の血筋を主張する者は多く李氏の多くが彼の末裔を称する。
歴史上、彼は多くの反権威主義的な業績を残したと受け止められている。
                     老子:ウィキペディアより引用

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 大きく生きる タグ: , , , , パーマリンク

1 Response to 上善は水の如し|中国古典 名言に学ぶ

  1. ピンバック: 個人的に好きなカッコイイことわざ【3選】 | サラリーおじさん豊かになりたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください