free web hit counter

 

Blog

Pocket



よもぎ麻中まちゅうしょうずれば、たすけずしてなお

 

ー蓬生麻中、不扶而直ー   荀子 勧学篇第一
(荀子:二十巻。戦国時代末期の学者、荀況の書。荀況は孟子に次ぐ大儒。
孟子の性善説に対して、荀況は性悪説を唱えた。)

 

{原文}
蓬生麻中、不扶而直、
白沙在涅,與之俱黑。
蘭槐之根是為芷、
其漸之滫、君子不近、庶人不服。
其質非不美也、所漸者然也。
故君子居必擇鄕、遊必就士。
所以防邪僻而近中正也。

 

{書き下し文}
ほう(よもぎ)も麻中まちゅうに生ずれば、たすけずしてなおし、
白きすなどろの中にれば、これともくろなり。
蘭槐らんかいの根、これす。
これしゅうひたせば、君子はちかづけず、庶人はふくせず。
質美しつびならざるにあらざるなり、ひたす所の者しかればなり。
ゆえに君子はるにかならずきょうえらび、あそぶにかならく。
邪辟じゃへきふせいで中正ちゅうせいちかづく所以ゆえんなり。

 
蘭芷らんし:ランとヨロイグサ。ともに香草。転じて、賢人や美人のたとえ
しゅう:とぎじる
きょう:ごう、さと
邪辟じゃへき:でたらめでゆがんでいる
中正ちゅうせい:かたよらず、公正であること
 


 

{意解}
よもぎは、ふつう、地べたにへばりついて生えている。
そんな蓬でも 上へ上へとまっすぐに伸びるあさの中に生えれば
蓬もそれに影響されて まっすぐに育つのだという。  

 人間も同じで、 環境や良い交友関係に恵まれれば
それに感化されて 立派な人間に育つのだという。  

「荀子」はこの言葉の後に
「君子は必ず土地を選んできょさだめ 優れた人物とだけ交わる。
為にならないものを遠ざけ 正しいものに近づくためである」 と語る。
居るならば自分の居るべきところを選びなさい。
学ぶならば自分にとってより良き人に就きなさい。と。

荀子は、人間が立派なのは後天的に学んで、
知力を身につけるからであると考える。

たしかに、 人間は育つ環境に左右されるところが多いように思える。
それに環境は、その気になれば変えることのできるもの。
自分に善いと思える環境を作るのも、
結局は、自分自身の意思、自己責任である。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析