心を養うは寡欲より善きはなし|中国古典 名言に学ぶ

心を養うは寡欲より善きはなし

心を養うは寡欲より善きはなし

第二章


こころやしなうは寡欲かよくよりきはなし

ー養心莫善於寡欲ー   孟子 盡心章句下 三十五
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟可もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ。)

{原文}
孟子曰、
養心莫善於寡欲。
其爲人也寡欲、
雖有不存焉者、寡矣。
其爲人也多欲、
雖有存焉者、寡矣。

{書き下し文}
孟子曰く、
心を養うは寡欲かよくよりきはし。
其の人となりや寡欲かよくなれば、
そんせざる者有りといえどすくなし。
其の人となりや多欲たよくなれば、
そんする者有りといえどすくなし。

心を養うは寡欲より善きはなし

心を養うは寡欲より善きはなし

{意解}
 

孟子が言う。
心を成長させるのには、欲望を少なくするのが最上の方法である。
欲望の少ない人で、良心のない人はわずかである。
欲望の多い人で、良心のある人はわずかである。

孟子の思想である「性善説」である。孟子は、人間は本来「善」であり、この善なる本性は誰にでもそなわっており、高官だろうと庶民であろうと、 等しく変わりがない。が、
人間の本性は善ではあるが 現実の人間が善であるとは限らない。

善なる性を全面的に開花させるためには、人格形成じんかくけいせいのための「修養しゅうよう」を必要とする。
この修養によって人格を完成させた者だけが人の上に立つ資格がある、と主張する。  

それには、まず自分の心を正すことが必要であり、それへの近道が「寡欲かよく」だという。   寡欲は自分の心を正す近道 ! 

老子 第46章に「禍は足るを知らざるよりも大なるはなし」とある。るをるとは あるがままの現実に常に満足することだという。ることをる「知足ちそく」はすべての物事にあふれている現代においては特に心にいましめておく言葉に思う。(吾唯足知)

寡欲かよく:欲が少ないこと

参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in 自己を高める and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.