蝸牛角上の争い|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第一章

 


蝸牛角上かぎゅうかくじょうあらそ

ー蝸牛角上之争ー    荘子 則陽篇
(荘子:三十三篇。戦国中期の道家荘周とその一門の思想を記したもの。
荘周の撰。外・内・雑編から成り、内編七編以外の大部分は、
後人の仮託になるものといわれている。「南華新経」ともいう。)

中唐を代表する詩人、白居易(白楽天)からの出典である。

{原文}
対酒、   
蝸牛角上争何事。
石火光中寄此身、
随富随貧且歓楽。
不開口笑是癡人。

{書き下し文}
酒に対す、   
蝸牛かぎゅう角上かくじょう何事なにごとをかあらそふ。
石火せきか光中こうちゅうの身を寄す、
とみしたがひんしたがしばらく歓楽かんらくせよ。
口を開いて笑はざるは癡人ちじん

癡人ちじん:おろかな人。ばかな人。

{口語訳}
酒に対す
かたつむりの角のような小さなせまい場所で、
(人々は)いったい何を争っているのか。
(人生は)火打ち石から飛び出す火花のような一瞬の人生に、
この身を寄せているのである。
(そうと解かれば)貧富それぞれ分相応に、
ともかくよろこび楽しんで過ごすべきである。

(事に悩んで)大口をあけて笑うこともしないのは、まったく愚かである。

{意解}
昔、戴晋人たいしんじんという賢者が魏国の恵王けいおう
斉国せいこくを侵略しようとしたおり、
カタツムリにたとえて、いさめた語り。

「王にはカタツムリというものをご存知でしょうか」
「そのカタツムリの左の角には触氏しょくしという者の国があり、
右の角には蛮氏ばんしという者の国があって、
絶えず領土争いを繰り返しておりました。
あるときなどは、激戦十五日にわたり、
双方の死者数万を出すに及んで、
ようやく兵を引いたほどだと申します。
この地上の争いも、みなこのたぐいではありませぬか」

広い宇宙を思うとき、
人の争いは「蝸牛角上の争い」と同じものかもしれない。
ああでもないこうでもないと争っても、
小さな地球上での小さな事柄にすぎない。

この話を思い出せば、
今の自分の争い事、悩み事を客観的に視れ、
より良い判断が導き出せるかもしれない。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

潜在意識を書き換え、天才脳を覚醒する!
パーフェクトブレイン・エヴォリューション

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 大きく生きる タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください