国を治むるの道は寛猛中を得るに在り|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第三章

 


国をおさむるの道は寛猛中かんもうちゅうるに

ー治国之道在乎寛猛得中ー   宋名臣言行録 呂蒙正(宋史紀事本末卷十七)
(宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。
続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は李幼武の補。
宋代名臣の言行を集めたもの。)

{原文}
治国之道、
在乎寛猛得中。
寛則政令不成、
猛則民无所措手足。
            

{書き下し文}
国をおさむるの道は
寛猛中かんもうちゅうるにり。
寛なれば政令成らず、
猛なれば民、手足をくなし。

 

{意解}

国を治めるコツは、かん(ゆるやか)ともう(きびしさ)の
バランスをとることにあるのだという。

 名君と称される宋の太宗がことばの中に出てくる。
「国を治むるの道は、寛猛中を得るに在り。
寛なれば政令成らず、猛なれば民、手足をくなし。
天下をつ者、これをつつしまざるべけんや。」  
 
 これは現代の政治にも、そのまま当てはまる。
寛にすぎれば、テンデンバラバラに走り出して、
国としての体をなさなくなる。

逆に猛にすぎれば、下からの活力が失われてしまう。  
たとえばアングラマネー! (地下経済とは、アングラマネー
などとも呼ばれ、 政府がその実体を把握しきれていない=非合法な
経済活動のことを言います)

締め付けを厳しくすれば、かえって経済界に混乱を生むかもしれない。

 寛ならず、猛ならず、この中庸ちゅうようあたりの兼ね合いがむずかしいのである。
これは国の政治だけでなく、組織管理全体に通じることだ。   

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 社会を考える タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください