free web hit counter

 

Blog

Pocket

 



国をおさむるの道は寛猛中かんもうちゅうるに

 

ー治国之道在乎寛猛得中ー   宋名臣言行録
(宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は李幼武の補。宋代名臣の言行を集めたもの。)

 

{原文}
治国之道、
在乎寛猛得中。
            

 

{書き下し文}
国を治むるの道は、
寛猛中を得るに在り。     

 

 

{意解}
国を治めるコツは、かん(ゆるやか)ともう(きびしさ)の
バランスをとることにあるのだという。

 名君と称される宋の太宗がことばの中に出てくる。
「国を治むるの道は、寛猛中を得るに在り。
寛なれば政令成らず、猛なれば民、手足をくなし。
天下をつ者、これをつつしまざるべけんや」  
 
 これは現代の政治にも、そのまま当てはまる。
寛にすぎれば、テンデンバラバラに走り出して、
国としての体をなさなくなる。

逆に猛にすぎれば、下からの活力が失われてしまう。  
たとえばアングラマネー! (地下経済とは、アングラマネー
などとも呼ばれ、 政府がその実体を把握しきれていない=非合法な
経済活動のことを言います)

締め付けを厳しくすれば、かえって経済界に混乱を生むかもしれない。

 寛ならず、猛ならず、この中庸ちゅうようあたりの兼ね合いがむずかしいのである。
これは国の政治だけでなく、組織管理全体に通じることだ。   

 


*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、

自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,045人の購読者に加わりましょう

メールアドレス

支援ボタン

世界シェアNO.1のVISA

WordPress史上、最高の傑作

最近の投稿

アクセス解析