桀紂の天下を失うやその民を失えばなり|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第三章

 

桀紂けつちゅう天下てんかうしなうや、そのたみうしなえばなり

ー桀紂之失天下也、失其民也ー    孟子 卷之四 離婁章句 上9
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ)

夏の桀王、殷の紂王は中国三千年の歴史の中でも
典型的な暴君とされてきた人物である。
彼らがなぜ国を滅ぼしたのかといえば、
人民の支持を失ってしまったからだ。という。

{原文}
孟子曰、
桀紂之失天下也、失其民也。
失其民者、失其心也。得天下有道。
得其民、斯得天下矣。 得其民有道。
得其心、斯得民矣。 得其心有道。
所欲與之聚之、所惡勿施爾也。

{書き下し文}
孟子曰く、
桀紂けつちゅうが天下を失うは、其の民を失えばなり。
其の民を失うは、其の心を失えばなり。 天下を得るに道有り。
其の民を得れば、すなわち天下を得。 其の民を得るに道有り。
其の心を得れば、斯ち民を得。 其の心を得るに道有り。
欲する所をば之がために之をあつめ、
にくみんずる所をばほどこすことからまくのみ。

{意解}

孟子がおっしゃった。
『暴君の夏の桀王けつおう・殷の紂王ちゅうおうが天下を失ったのは、人民を失ったからである。
人民を失ったとは、人民の心を失ったということである。
天下を手に入れるには正しい道(方法)がある。
人民を手に入れれば、天下を手中にすることができる。
人民を手に入れるには正しい道(方法)がある。
人民の心を手に入れれば、人民を得ることができる。
人民の心を手に入れるには道がある。
人民の欲しがるものを集めてあげ、
人民の嫌うものを与えないようにすることである。  

 内憂外患ないゆうがいかんという言葉がある。
国を滅ぼし組織を瓦解がかいさせるのは、 この二つの原因であるが、
せんじつめれば、 外患(外国や外部からの問題)も
また内憂(国や組織などの心配事)によって招来されることが多い。

 弱肉強食の論理が優先される戦国時代に、 軍事力による覇道政治はどうせいじいましめて、
道徳による王道政治の理想を説いたのが 儒学の大家である孟子で、
孟子と戦国諸侯の含蓄がんちくのある対話や、 
孟子と高弟たちの言行・思想を集積して編纂へんさんしたのが
「孟子」の離婁章句りろうしょうくである。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 社会を考える タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください