桀紂の天下を失うやその民を失えばなり|中国古典 名言に学ぶ

桀紂の天下を失うやその民を失えばなり

桀紂の天下を失うやその民を失えばなり

第三章

桀紂けつちゅう天下てんかうしなうや、そのたみうしなえばなり

ー桀紂之失天下也、失其民也ー    孟子 卷之四 離婁章句 上9
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ)

夏の桀王、殷の紂王は中国三千年の歴史の中でも
典型的な暴君とされてきた人物である。
彼らがなぜ国を滅ぼしたのかといえば、
人民の支持を失ってしまったからだ。という。

{原文}
孟子曰、
桀紂之失天下也、失其民也。
失其民者、失其心也。得天下有道。
得其民、斯得天下矣。 得其民有道。
得其心、斯得民矣。 得其心有道。
所欲與之聚之、所惡勿施爾也。

{書き下し文}
孟子曰く、
桀紂けつちゅうが天下を失うは、其の民を失えばなり。
其の民を失うは、其の心を失えばなり。 天下を得るに道有り。
其の民を得れば、すなわち天下を得。 其の民を得るに道有り。
其の心を得れば、斯ち民を得。 其の心を得るに道有り。
欲する所をば之がために之をあつめ、
にくみんずる所をばほどこすことからまくのみ。

桀紂の天下を失うやその民を失えばなり

桀紂の天下を失うやその民を失えばなり

{意解}

孟子がおっしゃった。
『暴君の夏の桀王けつおう・殷の紂王ちゅうおうが天下を失ったのは、人民を失ったからである。
人民を失ったとは、人民の心を失ったということである。
天下を手に入れるには正しい道(方法)がある。
人民を手に入れれば、天下を手中にすることができる。
人民を手に入れるには正しい道(方法)がある。
人民の心を手に入れれば、人民を得ることができる。
人民の心を手に入れるには道がある。
人民の欲しがるものを集めてあげ、
人民の嫌うものを与えないようにすることである。  

 内憂外患ないゆうがいかんという言葉がある。国を滅ぼし組織を瓦解がかいさせるのは、 この二つの原因であるが、せんじつめれば、 外患(外国や外部からの問題)もまた内憂(国や組織などの心配事)によって招来されることが多い。

 弱肉強食の論理が優先される戦国時代に、 軍事力による覇道政治はどうせいじいましめて、道徳による王道政治の理想を説いたのが 儒学の大家である孟子で、孟子と戦国諸侯の含蓄がんちくのある対話や、 孟子と高弟たちの言行・思想を集積して編纂へんさんしたのが「孟子」の離婁章句りろうしょうくである。

荀子 王制篇第九に「君は船なり、庶民は水なり」とある。舟が水しだいで安定もし転覆もするように、君主の座も人民の出方次第で安定もし転覆もする。ゆえに、君主が自らの地位を安泰にするためには、何よりもまず人民の信頼を得るように努めなければならないと云う。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in 社会を考える and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.