民、信なくんば立たず|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第三章

 

たみしんなくんばたず

ー民無信不立ー   論語 顔淵第十二
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ)

{原文}
子貢問政。
子曰、足食、足兵、民信之矣。
子貢曰、必不得已而去、於斯三者何先。
曰、去兵。
曰、必不得已而去、於斯二者何先。
曰、去食。自古皆有死、民無信不立。

{書き下し文}
子貢しこうまつりごとを問う。
子日く、しょくし、へいを足し、
たみこれしんにす。

子貢日く、かならむをずして去らば、
三者さんしゃおいいずれをか先にせん。
子日く、へいらん。
子貢日く、かならむをずして去らば、
の二者においいずれをか先にせん。
子日く、食を去らん。
いにしえり皆死り、民しん無くんば立たず。

 

{意解}

子貢が政治の要道を問うた。
孔子は、「食糧を満たし、軍備を充実し、人民に信義を持たせることだ」と答えた。
子貢は、「国情からして三つ同時進行が無理だとしたら、
何を後回しにすべきでしょうか?」と問うた。
孔子は、「軍備を後回しにしよう」と答えた。
更に子貢は、「国情からして残りの二つさえ同時進行が無理だとしたら、
どちらを後回しにすべきでしょうか?」と問うた。
孔子は、「食糧を後回しにしよう。
食糧が不足すれば餓死する者も出て来ようが、

食い物が有ろうが無かろうが、人は皆いつかは死ぬものだ。
もし人民が信義を失ってしまったら、禽獣きんじゅうと同じになって、
人間社会は成り立つものではない」と答えた。  

 孔子の考えを甘いと批判する人がいるかもしれない。
食を足らしめずして、信義の確立はできないと。
が、その気概きがいは見習うべきであろう。

人間関係に於いても、然りだろう。

然し、食べることに事欠いている状態では
互いに相手の信頼や期待を裏切らないように
誠実に行動することは難しいだろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 社会を考える タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください