天を怨みず、人を尤めず|中国古典 名言に学ぶ

天を怨みず、人を尤めず

天を怨みず、人を尤めず

第五章

逆境を乗り越えるための心得

天をうらみず、人をとがめず

ー不怨天、不尤人ー     論語 憲問第十四
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

{原文}
子曰、莫我知也夫。
子貢曰、何爲其莫知子也。
子曰、不怨天、不尤人、
下學而上達。知我者其天乎。

{書き下し文}
のたまわく、われることきかな。
子貢わく、何為なにすれぞを知ることからんや。
のたまわく、天をうらみず、人をとがめず、
下学かがくして上達じょうたつす。我を知る者は其れてんか。

下学かがく:初歩的で卑近なことを学ぶこと。
上達じょうたつ:高遠な道理に通じること。

天を怨みず、人を尤めず

天を怨みず、人を尤めず

{意解}

 孔子の晩年のことであるらしい。
あるとき、「ああ、私を理解してくれる人はいない」と嘆いた。
それを耳にした子貢しこうという弟子が、
「どうしてそんなことをおっしゃるのですか」
とたずねたところ、孔子はこう答えている。
「天を怨みず、人を尤めず、下学して上達す。われを知る者はそれ天か」

訳せば、
「なにも天を怨むのでも、人を咎めるのでもない。私は、日常的なものから高遠な道理まで、ありとあらゆるものの探求を志してきた。この私を理解してくれるのは、天だけであろうかと考えたまでだ」

苦しい時や辛い時には、ややもすると自分の責任は棚に上げて、天を怨み、人を咎めたくなるのが人情の常である。だが、それをやっていたのでは、いつまでたっても進歩がないし、心の平安も得られない。
そういう時こそ、孔子のこの言葉を思い出したいものである。

論語 学而第一 十六に「人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患う」とある。孔子の謙譲けんじょうの精神として知られている有名な論語の一文である。誰でも人に認められたいし、認められれば嬉しいものだ。しかし、一生懸命に仕事に打ち込んでいるし、決して人には負けないほど努力しているつもりだが、その割には報われない。そんなときに、つい愚痴をこぼしてしまうのが人情である。孔子は、自分の価値や能力を認めて貰いたいのであれば、まずは自分の周囲にいる優れた人物の価値を認めなさいと説く。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。ご興味がございましたら、覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 逆境を乗り切るための心得 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください