free web hit counter

 

Blog

Pocket

逆境を


とくならず、かならとなりあり

 

ー徳不孤、必有隣ー     論語 里仁第四 二十五
(論語:孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物である。
「孟子」「大学」「中庸」と併せて儒教における「四書」の1つに数えられる。
512の短文が全20編で構成されている)

 

{原文}
子曰、
徳不孤、必有隣。

 

{書き下し文}
子曰く、
とくならず、かならとなりあり。
 


 

{意解}
「徳とは、孤立した孤独なものでは無く、それを認めてくれる人が、
きっと周囲にあらわれる。」

 
 人はおうおうにして、自ら学び得たことや、技量が世間にかえりみられず、
認められないことは耐え難いことである。

 それゆえ己の主義主張や心操を曲げて、世間に妥協し
世間に迎合してしまいがちになることも少なくない。
 
 しかし、意志堅固に道を求め続け、学において究め続けていれば、
身に光は備わりおのずから理解者は現れ、支持する人も出てくるものです。

 ━━━━!!これは孔子の確信であったに違いありません。

 しかし、孔子その人の生涯は、普通の人間から見れば、
決して恵まれたものではなかった。

若い時、政治に志を立てたが、政治に参画したのは五十歳を超えてから。

 だが、わずか四年で失脚、それからの十四年間は諸国を歴訪して
自ら理想とする政治の実現を図ったが、

ことごとく徒労に終わっている。

 孔子の人生には、孤立の影が色濃く漂っていたのである。

しかし、そんな孔子が「徳は孤ならず、必ず隣あり」と言い切ったところに
意味があるのかもしれない。

 この言葉は現実の指摘ではなく、
悲願の告白であったと解するのが妥当かも知れません。

               徳不孤、必有隣
「徳とは、孤立した孤独なものでは無く、それを認めてくれる人が、
きっと周囲にあらわれる」

 

徳(ウィキペディア)
 *儒教的徳
儒教的徳は人間の道徳的卓越性を表し、
具体的には仁・義・礼・智・信の五徳や孝・悌・忠の実践として表される。
儒教思想において重要な規範的価値は、生まれによってではなく
その人の徳の現れた実際の量の結果によって
社会的地位が決せらるべきであるということである。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,154 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析