徳慧術知ある者は恒に疢疾に存す | 中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第五章

 

徳慧術知とくけいじゅつちある者はつね疢疾ちんしつそん

ー有徳慧術知者恒存乎疢疾ー  孟子 盡心章句上 第十八章
(孟子:七篇。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説・四端説・天命説・王道説・仁義は有名。四書の一つ)

{原文}
孟子曰、
人之有徳慧術知者、
恒存乎疢疾。

獨孤臣蘖子、
其操心也危、
其慮患也深、
故達。

{書き下し文}
孟子曰く、
人の徳慧術知とくけいじゅつちある者は、
つね疢疾ちんしつそんす。
ひとり、孤臣蘖子こしんげっし
の心をあやつるやあやぶみ、
うれいをおもんばかるやふかし。
ゆえあらわる。

{意解}
徳慧とくけい」とは、立派な人格、
術知じゅつち」とは、素晴らしい才能。
疢疾ちんしつ」は艱難かんなん
故に、立派な人格と素晴らしい才能を併せ持った人物というのは、
艱難辛苦かんなんしんくの中でみがかれてくるものだ、という意味になる。

 恵まれた環境の中で、苦労も知らずにヌクヌクと育つのは、
人間形成の上から言うと、あまりプラスにならないということである。

「孟子」は、「疢疾ちんしつ」の例として、
孤臣こしん蘖子げつしをあげている。
孤臣こしんとは組織の中で格別の後ろ盾を持たない家臣、
蘖子げつしとは妾腹しょうふくの子である。

彼らはいずれも自分の立場の弱いことをわきまえ、
諸事に細心の注意を払っているので、
知らぬ間に「徳慧術知とくけいじゅつち」を身につけていくのだという。

 「孟子」の言うことにも、確かに一理を感じるが、
中には「疢疾ちんしつ」に押しつぶされてしまう者も少なからず、
━━━━!!楽観はできない。

できれば、「疢疾」を肥やしにして
自分を成長させていくたくましい精神を身につけたいものである。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 逆境を乗り切るための心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください