free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

逆境を


ぐう不遇ふぐうときなり

 

ー遇不遇者時也ー     荀子 宥坐篇 第二十八
(荀子:二十巻。戦国時代末期の学者、荀況の書。孟子に次ぐ大儒で、
孟子の性善説に対して、荀況は性悪説を唱えた。)

 

{原文}
賢夫不肖者、材也。
為不為者、人也。
遇不遇者、時也。
死生者、命也。
今有其人、不遇其時、
雖賢、其能行乎!
苟遇其時、何難之有!
故君子博学深謀、修身端行、
以俟其時。

 

{書き下し文}
賢夫不肖けんぷふしょうとは、材なり。
ため不為ふためとは、人なり。
ぐう不遇ふぐうとは、時なり。
死生とは、天命なり。
今有其人有るとも、 其の時に遇わざれば
けんたり といえども、 く行われんかな
いやしく其時そのときえば”、何のかたきことこれあらん。
ゆえに君子は博学深謀はくがくしんぼうし、修身端行しゅうしんはぎょうして、
もっ其時そのときつ。
 

賢不肖けんふしょう:社会的にはかられる人間の価値を言う。
為不為いふい:ためになること、ためにならないこと。
*死生者,命也:人の生き死には天命であり、人の力ではどうすることもできない
雖賢すいけん:賢人といえど
博学深謀はくがくしんぼう:学をひろめ深く考えを巡らす
修身端行しゅうしんはぎょう:身を修めおこないをただす

 

 

{意解}
 孔子が弟子を引き連れて諸国遊説の旅を続けていたとき、
ある国で政争に巻き込まれ、空きっ腹を抱えて何日も立ち往生した時である。
子路という弟子が、
「君子でも、こんな惨めな思いをすることがあるのですか」と食ってかかったところ、
孔子はこの言葉を引いて子路の不満をなだめたという。

ぐう」とは、何をやってもトントン拍子に進むこと、
不遇ふぐう」とは、その反対に何をやってもうまくいかないこと。
それは、「時」を得るかどうかにかかっているというのだ。

 誰の人生にも、遇と不遇がついてまわる。
問題は不遇な時の過ごし方だ。

 そんなとき、へんに卑屈ひくつになったり、ジタバタ悪あがきをしていたのでは、
将来の展望がない。

 さらに孔子はこう付け加えている。
「身を修め行いをただしくして、もってその時をて」

 そんなときこそ、じっくりと自分を鍛えながら、
ツキが回ってくるのを待て、というのである。

 
 孔子のような立派な人物でも、
世の中にれられずに不遇に終わることがある。

 どんなに優れた人物でも、
時勢じせいに合わなければもれてしまうものである。

 その時世に遇いさえすれば、何のむずかしいことがあろうか。
故に君子は、学をひろめ深く考えを巡らし、身を修め行いをただし、
後はただ時世の至るのを待つのである。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,008人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析