Blog

 

第二章

 

飽食終日ほうしょくしゅうじつこころもちうるところなきは、かたきかな

 

ー飽食終日、無所用心、難矣哉ー  論語 陽貨第十七
【論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ】

 

原文:
子曰、
飽食終日、
無所用心、難矣哉。
不有博奕者乎。
爲之猶賢乎已。

 

書き下し文:
子曰く、
飽食終日ほうしょくしゅうじつ
こころもちうるところなきは、かたきかな。
博奕ばくえきなる者有らずや。
これすはむにまされり。
 


 

意解:
「飲んで食べてゴロゴロして、さっぱり頭を使わない連中は、まったく困ったものだ」
孔子はこう語ったあとで、さらに、つぎの一句を付け加えている。
博奕ばくえきなるものあらずや、これをなすはなおむにまされリ」
 
「博奕」というのは、広い意味のバクチである。現代で言えば、
マージャン、パチンコといったところかもしれない。
何もしないでゴロゴロしているよりは、そんなことでもやっている方が、
まだマシだ、というのである。
 
たとえそれが何であれ、やる気を出し、頭を使っていれば、
そこに人間としての成長があり、進歩がある。
ゴロゴロしてやる気のない人間には、成長も進歩もない。
孔子の言いたかったのは、これであろう。
 
孔子という人は、なんとなく硬苦しい人物のように思われているが、
博奕ばくえき」などを引き合いに出してくるあたり、
意外にさばけた一面を持っていたらしい。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 63,868 アクセス

最近の投稿

アクセス解析