われ人に功あるも念うべからず|中国古典 名言に学ぶ

われ人に功あるも念うべからず

われ人に功あるも念うべからず

第二章

われ、人にこうあるもおもうべからず

ー我有功於人不可念ー  菜根譚 前集 51項
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

原文:
我有功於人不可念
而過則不可不念。
人有恩於我不可忘、
而怨則不可不忘。

書き下し文:
われ、人にこうあるもおもうべからず。
しかるにあやまちはすなわおもわざるべからず。
ひと、我におんあらばわすれるべからず、
しかるに、うらみはすなわわすれざるべからず。

われ人に功あるも念うべからず

われ人に功あるも念うべからず




意解:
人に良いことをしたことは心に留めてはいけない。
しかし過ちは忘れてはならない。
人に受けた恩は忘れてはならない。
しかし人に対する恨みは忘れなければならない。

人には優しく、自分に厳しくということ。

孟子 盡心章句下 三十五に「心を養うは寡欲より善きはなし」とある。孟子が言う。
心を成長させるのには、欲望を少なくするのが最上の方法である。欲望の少ない人で、良心のない人はわずかである。欲望の多い人で、良心のある人はわずかである。善なる性を全面的に開花させるためには、人格形成じんかくけいせいのための「修養しゅうよう」を必要とする。この修養によって人格を完成させた者だけが人の上に立つ資格がある、と主張する。 それには、まず自分の心を正すことが必要であり、それへの近道が「寡欲かよく」だという。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントいただければ嬉しいです

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください