小人の学は耳より入りて口より出ず|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第二章



小人しょうじんがくみみよりりてくちより

ー小人之学也入乎耳、出乎口ー   荀子 勧学編 十三
(荀子:二十巻。戦国時代末期の学者、荀況の書。荀況は孟子に次ぐ大儒。
孟子の性善説に対して、荀況は性悪説を唱えた。)

{原文}
君子之学也、入乎耳箸乎心、
布乎四体、形乎動静。
小人之学也入乎耳、出乎口。

{書き下し文}
君子の学ぶや、耳より入りて心にき、
四体にきて、動静どうせいあらわる。

小人しょうじんの学は耳より入りて口よりず。

{意解}
君子は、耳から学んだ学問を心に定着させ、身体全体に行き渡らせる。
その結果は日々の行動となって表れる。
小人は、耳から学んだ学問をすぐ口に出してしまう。

 よく知られた「口耳の学」である。
自分を向上させるには、 多種多様に学ぶことが必要だが
同じ学でも「口耳の学」の学び方では 身にもつかず、
有害無益なのだという。  
「口耳の学」耳で聞きかじったことを そのまま他人に受け売りすることである。
 
君子は学んだことを咀嚼そしゃくして血肉として活用するが、
小人だと受け売り程度にしか利用しきれない。
覚えている事と理解している事では天と地の差がある。 

君子は、打たねば響かぬが、打てば響くもの、
打てば響く「君子の学」として 身につけたいものである。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , , パーマリンク

3 Responses to 小人の学は耳より入りて口より出ず|中国古典 名言に学ぶ

  1. ピンバック: wordpress hosting free Trial

  2. penza-job.Ru のコメント:

    It’s a shame you don’t have a donate button! I’d without a doubt donate to this fantastic blog!
    I guess for now i’ll settle for bookmarking and adding your RSS
    feed to my Google account. I look forward to fresh updates and will talk
    about this website with my Facebook group. Chat soon!

  3. Dorie のコメント:

    Howdy I am so happy I found your blog page, I really found you by mistake, while I
    was browsing on Aol for something else, Anyhow I am here now and would just like
    to say thank you for a marvelous post and a all round interesting blog (I also love the theme/design), I don’t have time to read through it all at the
    moment but I have saved it and also added in your RSS feeds, so when I have
    time I will be back to read a lot more, Please
    do keep up the fantastic job.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください