盡く書を信ずれば則ち書なきに如かず|中国古典 名言に学ぶ

盡く書を信ずれば則ち書なきに如かず

盡く書を信ずれば則ち書なきに如かず

第二章


ことごとしょしんずれば、すなわしょなきにかず

ー盡信書、則不如無書ー   孟子 盡心章句下3
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟可もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ。)

{原文}
孟子曰、
盡信書、則不如無書。
程子曰、
載事之辭、容有重稱而過其實者。
學者當識其義而已。
苟執於辭、則時或有害於義。
不如無書之愈也。

{書き下し文}
孟子曰く、
ことごとしょしんぜば、すなわしょきにかず。
程子曰く、
ことことばは、おもしょうしてまことぐる者し。
學者がくしゃまさるべきのみ。
いやしくれば、すなわときあるいそこなうことり。
書無しょなきのれるにかざるなり、と。

*程子:儒学者、程顥ていこう程頤ていいの尊称

盡く書を信ずれば則ち書なきに如かず

盡く書を信ずれば則ち書なきに如かず

{意解}
ここで「孟子」が言う「書」とは「書経」のことである。
孟子は儒家の正統を継ぐ人物で、 「書経」はその聖典なのである。  

 通俗的に考えれば、 孟子がこの「書経」を法律的・絶対的に 信奉してもおかしくない立場である。その立場の孟子のこの言葉は 深み、重みを感じる。
 
 「書経」だけでなく すべての本に当てはまるといえる。何でも盲信・過信すれば、 危険な面も無きにしも非ずである。とくに権威を纏った本であれば 尚更、懐疑的な思考を心がけたほうがよいのかもしてない。  

 人の話を聞く場合でも、全く同じである。すべて、鵜呑みにするのではなく、
自分なりに捉えてこそ 身につくものだろう。

菜根譚 前集 56項に「書を読みて聖賢を見ざれば、鉛槧の傭たり」とあり、古人の書物を読んで、字句の解釈だけで聖賢の心に触れなければ、それは単なる文字のやとわれ者にすぎないと言っている。画餅に終わらさず、その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように己に落とし込みたいものですね。

「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in 自己を高める and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.